スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽の歌

昨晩は六本木カベリーニャで、
歌とギターの「ドス・ソネス・デ・コラソネス」。
マコトさんの歌とムーチョさんのギターを
聴かせていただきました

太陽の様に。。。とおっしゃていた
マコトさん。

本当に心に太陽の光が照らされるような
気持ちでした。
心の中の何かが溶けて、ざーっと
流されるような。

まるで、キューバの町中にいるような、
風が吹き抜けるような、そんな感じ。



太陽の歌。

まさに、そうでした。



白いシャツの似合うとてもさわやかなマコトさん
でありました。




スポンサーサイト

ハバナラカタン

15日の日曜日、「ハバナラカタン」日本公演最終日に行って
来ました。

ハバナラカタンは、キューバ音楽と踊りの歴史がミュージカルの
ように仕立てられた舞台です。

アフリカから連れてこられた奴隷達の音楽と踊り、
そして、支配したスペインのフラメンコから始まります。
さらに、その文化、その人たちが結婚し、キューバの音楽「ソン」が
生まれる。
そして、ルンバ、グァヒーラ、ボレーロ、チャチャチャの
音楽、ダンス。
最後にサルサへと舞台は進みました。


ダンサーの方々の素晴らしい踊りにも感激しましたが、
私は、バックバンドの「トゥルキーノ」の演奏に大感激!

それぞれが、必ず歌えて、踊れて、演奏できて、叩ける。
そして、そこに喜びと優しさがある。
さすが!キューバ


そして、ボーカルのゲイディ・チャップマンがまた素晴らしい!!
キューバ版ジェシーノーマンみたいに上手くて感動的でした。
しかも、また踊りがうまいんです。。
女性の低い声は魅力的で好きです。

超幸せといえる、音楽の時間を過ごしました。


今を生きるのに精一杯だったキューバの人たちの
音楽、文化。
それがこんなにも素晴らしいということを、
とても考えさせられます。

奴隷であっても、心まで奴隷ではない。
心まで権力に屈しない。
そんな、強い精神をもちながらも、
優しさのある音楽を感じます。


今、この瞬間が輝くように、今日もまた一日頑張ろう!
と思う公演でした。


ハバナラカタンの皆さん、ありがとう






夏の夜風に吹かれてキューバ音楽演奏

キューバ音楽「son de cuba」のバンドでの演奏に
参加させていただきました。

葛西臨海公園のシーサイドホテルにて。

01ソン


今日は、満月。
そして、海の夜風が気持ちよく、一緒に演奏させていただきました。

ゆっくりと耳を傾ける人、友人や家族や恋人と一緒に踊る人、
色々な方々がいらっしゃいました。


「ソン」は演奏して、踊って、人を幸せにする文化です。
幸せを生み出す力があります。
人と人の関係も、笑顔や思いやり、
何か生み出す関係は素晴らしいですね。
今日も沢山の笑顔に出会い、私も幸せな気持ちでした。


キューバ音楽に惹かれるところは、
生きることの喜びを感じるからです。
「さぁ、今生きているこの時間を楽しもう!喜ぼう!」
と、いう声が聞こえてきます。


どんな苦しい状況の中でも、この瞬間をいかに楽しく幸せに
生きるかと考えたキューバの音楽。



音楽の渦に巻かれた夜でした。

ソンは心

SON
昔の人も、自分と同じような事に戸惑い、
また喜び、困った事をしてみたり、、、
共感をする音楽でもあります。


こう書いているのは、キューバンサルサダンサーの
塩田珠希さん。
4人のお子さんのお母さんでもあり、ダンサーでもあり、
ミュージシャンでもあります。たまきさんの歌うソンは素敵です。

ソンはアフリカのリズムとスペインの音楽が融合してできた、
キューバでは200年以上続く音楽。

家族の中で歌い継がれ、その時の気持ちを歌い、踊る音楽。

私は、なぜかそんなキューバの音楽「ソン」にとても惹かれました。
ソンは上手であることよりも、弾けることよりも、何よりもその心です。
人生の側にこの音楽があったら、時が幸せなものになると感じます。

ソンには沢山の曲たちがいます。
昔の人たちが残した心を、今の私たちにも同じように感じることができます。


生きること、そのものが音楽。
人それぞれの人生が音楽になる。
ソンは心です。


私の好きな曲「星」を皆さんに
polo montañezは40才まで農業をやっていたそうです。
でも、こんな素敵な音楽。




ルーベン・ゴンザレス

今朝はルーベン・ゴンザレス「雨」を聴いています。
ruben.jpg

「雨」っていうと、ショパンの「雨だれ」みたいに、じっと雨の音に
耳を傾けているようにイメージするけど、コレは違います。

なんかね、とってもコミカルです(笑

きっと、キューバのおうちって雨漏りするんだろうなって。
それで、あっちこっちにタライ桶をおいてたら、こんな音楽になるんだろうなって
思うんです。

「あ!あっちも雨漏りはじまった!」なんて、桶を片手に滑り込みセーフ!みたいな
グリサンドがかっこいい。

このアルバムは私のお気に入りです
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 - - -

全記事

Designed by 石津 花

プロフィール

Matsuura Fumi

Author:Matsuura Fumi
鍵盤奏者
桐朋学園大学付属子供のための音楽教室を経て、桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業。音楽の森主宰。表参道ロシア料理テアトルスンガリーディナーコンサート、
ジョイントリサイタルなど行いないながら、毎年0歳児からのクラシックコンサートを行い、
佐倉市根郷公民館寿大学の講師を務めるなどの活動を行いながら後進の指導にあたる。

お花を育てるのが好き。
一番好きなお花はガーベラ☆

佐倉市にて
「音楽の森 0才児からのファミリーコンサート」主宰

コンサートご案内

2012年9月15日(土)15時開演
勝田台文化センター音楽室
八千代音楽だより主催
<音楽室コンサート>
「古」と「新」
~17世紀バロックからピアソラまで~

2012年10月12日(金)12時開演
プロムナードコンサート
ティアラ江東小ホールロビー
青山道子(マリンバ)
松浦富美(ピアノ)

2012年11月18日(日) 
Suono×SuonoシリーズⅠ
「古」と「新」
~17世紀バロックからピアソラまで~
アリストホール(表参道)
午後14時開演
チケット料金3000円、ペア券5000円


レッスン、コンサートお問い合わせは
fumi.matsuura23@gmail.com まで

最新記事
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。